男が磨く恋愛セオリー 高級時計を買う男性にモテるヤツはいない 

日々の些細な習慣から趣味、恋愛観など、できる限りイラストと共に「モテる技術」を追求するブログです。

男性も良い傘とカッコいいレインブーツを買ったほう方がモテる

Sunshine is delicious,

rain is refreshing,

wind braces us up,

snow is exhilarating;

there is really no such thing as bad weather,

only different kinds of good weather.

            John Ruskin

 

晴れた日は快(こころよ)く、

雨の日は気分を回復し、

風の強い日は気を引き締め、

雪の日は心が生き生きと活気づく

本当に悪い天気なんてものはなく、

ただ、さまざまな種類のよい天気があるだけだ

             ジョン・ラスキン

 

喘息でアレルギーを持つ私は「湿気」や「低気圧」が大の苦手。

雨の日に頭痛になる人も多いですが、ぜんそく患者の多くは低気圧になると身体が敏感に反応して発作を起こします。その確率があまりに高いので、体調で台風到来の予測ができるほどです。だから季節の変わり目の天気が不安定な時期、特に春は花粉も風も強く梅雨もあるので、軒並み体調が悪いんです。

 

そんな理由から、雨の日が子供の頃から人一倍嫌いでしたが、最近この雨に対するネガティブなイメージが払しょくされつつあります。

原因はとてもシンプルです。

お気に入りの傘とレインブーツができたからです。

その傘は 日本のRUMUDA社製の長傘。

同じ傘をホームページで見つけることができなくて残念なのですが、デザインはこんな感じです。

f:id:henrywotton:20190419083850j:plain

ラムダ社製のスリム傘 写真の持ち手は竹製

とにかく物凄く細い。

カバーをつけるとステッキのように見えます。

 

持ち手は楓、傘の柄は緑の格子柄ブラックウォッチです。

実のところ男性の傘の柄のバライエティはとても少ないです。女性の傘は何百種類もあるけれど、男性ものってほぼ黒と紺色の無地くらいしかないイメージです。それが今まで興味が湧かなかった一因でもありました。

ところがこのブラックウォッチはシンプルすぎず且つ抑制が効いた格子デザインでとても大人っぽくて、他人の傘とちょっと差がついてとても気に入ってます。

 

雨が止んだ閉じて歩いてると気分はまるでステッキを持ったイギリス紳士で楽しくなります。

普通は雨やんだ後に傘持ってるのって面倒だったり電車に忘れたりすることもあるけれど、そんな心配一切なくなりました。

 

次にレインブーツ。

買ったのはサイドゴアブーツ風のモノです。HunterやAIGLEのブーツもとっても素敵ですが、フォーマルにはサイドゴアブーツ風のほうが合わせやすいと思いこっちにしました。

こちらもとっても気に入ってます。

この2つだけで天気のイメージが変わるなんて本当思ってもいませんでした。

まさにラスキンのいうように悪い天気なんてないのかも。

傘は服と違って、あまりコーディネートを考えなくていいし、一本で長持ちできます。雨の日のデートに相合傘できるかもしれません。

ぜひこの梅雨前にオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルカリの売り上げが3年間で47万円だった話

このブログを書き始めて、早1年になりますが、それより2年早くメルカリをしていました。

きっかけは、履き心地が合わなかったブーツが思いのほか高く売れたことに始まります。

15000円で買ってそれほど履いていなかったブーツの処分に困っていたところ、友達からメルカリを勧められ、半信半疑で軽い気持ちで夜ベットの上でアップしてみると、15分くらいで13500円で売れたのでした。

本当に驚きました。

以来、3年。いらないモノだったり、高く売れるかも?と思って買ったものだったり、海外で勢いで買って使わなかったものだったり、とにかく頭の片隅にメルカリで売っちゃえみたいな感じでした。

 

売上総額は約40万 月平均1万1000円 

そこで今回、いままでどれくらい売上があるのか計算してみることにしました。

まず品目数は、75品目を販売していました。

主な品目は服と靴です。

ざっと売上約47万円でした。

転売目的でなくメインはあくまで要らないモノ売って小遣い稼ぎなので、シンプルに「え?結構すごくない?」って気持ちと「給料ないのにそんなファッションにお金使ってたの?」みたいな考えさせられる複雑な数字でした。

 

ここからメルカリは10%手数料と、契約によって配送料が売主持ちになったり、買主持ちになったりするので、実際は40万円くらいです。

月単位で言えば3年間の36か月で割ると月1万円くらいでしょうか。

もちろん利益でいえばもっともっと少ないです。

とはいえ個人的には、趣味程度の割には結構儲けているなーと満足しています。たまに欲を出して、自分が欲しい気持ちより、売れるかもっていう転売目的が強くて購入したもので、その購入価格よりも全然高い金額で売れたことも多々ありますし。

 

メルカリ玄人は実は60代の男女

しかしながらメルカリが2018年に調査した結果によると、1人あたり売上は平均月間1.7万円だそうで実は私は平均以下なようです。

信じられない人も多いのではないでしょうか。。

この調査をより詳しく見るとびっくりするのが、圧倒的に60代の男女の売上が高いことです。

なんと平均60代以上の男性で3万1960円、次いで60代以上の女性が2万9788円だとか。

一体皆さんどんな隠し財産を持っているのでしょうか。すごい気になります。

年配の方が平均を挙げているから自分は平均以下なのかと思いきや、30代の男性の平均も結構高く、自分はそれにすら満たしていませんでした。

一方で、ネットでメルカリ経験者のコメントを検索すると月単位1000円でもいい方っていう人も少なくありません。

やっぱり業者みたいなプロの人が毎月ものすごく売りまくって平均値をあげてるんじゃないかと思います。

 

ただ、自分でやっていてもまだまだ売上を伸ばす方法はあるなーと思っています。

特に細かく分析しているわけではないですが、75品目も売っているとそれなりに売れるものの傾向や対策がなんとなく身に付きます。現在はその経験の感みたいなものにしたがって売っています。例えば時間帯とか。自分の経験では「いいね」をもらえるタイミングって圧倒的に17時~19時、22時~25時 が多いです。これはいろんな人が分析していますが、やっぱり仕事終わりの電車内や寝る前にベットで携帯をいじっている人が多いからだと思います。また売れるタイミングは月末が多い。実際、2018年のメルカリの売上調査によると、どうもどの年代も男性の方が売上が多く、利用者も多いようなので仕事終わりの電車内、給料日後の傾向は納得です。

多分プロの人はさらにここから細分化して、どんなモノが何時頃に出品して、どれくらいのタイミングで値引きするかとか分析していると思います。

でも、個人的にそこまで本気でやることはないなーと思います。友達でメルカリで生活している人がいるんですが、結局普通に会社に勤めているくらい一生懸命働いているんですね。

それでギリギリ生活できるレベルでしたので。

あと、値引き交渉が本当にダルイです。すぐに値引き、値引きと言ってくる人がいます。出品した商品って基本的に公開交渉だから何十人、何百人も注目しているんですね。一度安くしてもそのまま買わない人が多くて、そうすると注目している人たちは追って値引き依頼をしてきます。それを意識して交渉するのって本当に難しいんですね。

だから、現在はとりあえずは経験だけを頼りに続けていきたいと思います。

 

機会があれば、いつかその経験による個人的なメルカリ販売方法について紹介したいと思います。

いつか つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルカリで高級時計を購入、売主宅に訪問して受け取りしてみる

ついに時計を購入しました。

衝動買いです。。

しかも購入先はメルカリ。時計はエルメス10万弱

突っ込みどころ満載だと思います。

 

「え? メルカリって、大丈夫?ニセモノ?」

「男性でエルメス?」

「時計メーカーじゃないじゃん」

「安くないよね?」

f:id:henrywotton:20190404140451j:image

メルカリで購入

私自身、色々出品したり購入したり、メルカリのヘビーユーザーです。

とはいえ、これまで高級品については買ったことがありませんでした。偽物も多いって聞いてますし、リスクが大きいですもんね。

そんな中、衝動買いしてしまったのは、5%オフ期間の最終日だったこと、そして売主は狙ってか、1日で何度も値下げを試みていたことが一番の理由です。今回購入した時計は、実は半年以上前に「いいね」を押した中の1つだったので、もともとの価格を知っていました。

そのため「これはチャンス」と購入に踏み切ったのです。まあ言ってみれば、売主とメルカリの狙いの思うツボなワケですが。

 

ニセモノ?真贋どうやって判別?

売主のアップしている製品写真には箱や証明書、時計バンドのサイズを調整する送りコマもすべて写っていましたし、過去の販売実績を見ても時計はこのエルメスの時計だけで、幅広く色々高級品を出品していたので「まー大丈夫かな」と思いました。

 

ちなみに商品説明には、興味深い1文がありました「ニセモノとのすり替え防止のため、購入後の返品は禁止、お渡しも高級品のため手渡しのみ」だというのです。

ずいぶんプロっぽいコメントなので、逆に不安になりました。

 

売主宅に訪問

購入後、早速売主から手渡しをする売主の住居と思われる住所連絡がありました。

場所は住宅地ではなくて都心の中の都心、オフィス街のマンション

平日の夜にアポとって行ったのですが、めっちゃ緊張しましたね。売主の顔みることなんて普段ないですし。半グレ集団の一味だったらどうしようとか。宗教団体だったどうしようとか。余計な不安が広がる広がる。ついつい奥さんと、義理の母もマンションの前までつきそいにきてもらいました。

マンションの前には1人、小柄なスーツ姿の売主がおりました。てっきりマンション内でお渡ししてもらうのかと思いきや、マンションエントランスの小さなソファで話すことに。ある意味安心ですが、結構、人が通るので気になるし、じっくり時計を見ることができませんでした。ニセモノかゆっくり確認出来ないようにワザとココで?なんて疑ってしまったり。

それでも、短い時間の中で詳細についてご説明していただいたので、とりあえず商談は成立しました。 

 

エルメスの時計

購入して束の間、あらためて値段やモデル等をネット検索してみると結構自分が購入した値段より安く売っていたりするのをみてちょっと微妙な気持ちになりました。とはいえ、証明書や送りコマまであるので、値段はまあ納得しています。

残念だったのはエルメスのメンズ時計の評判です。

すこぶるイマイチなんですね。

批判される理由は簡単で大体、下の3つになります。

①「時計メーカーじゃないから」

②「機械式じゃなくてクォーツ」

③「女性用のドレスウォッチでしょ」

 

①は時計好きにはよく言われます。時計メーカーじゃない時計はしょせんOEM。自社製じゃないので質が良くないと。

けれども、反論すると今時50万円以下の時計でも自社でムーブメント作ってるとこなんてほとんどありません。オメガだってタグホイヤーだってOEMムーブメントでしょ。IWCだってセイコーの機械使っていたりするし。

②もよく言われますが、正直普段使いはクォーツの方が機械式より便利だなと。あと貧乏なので、あんまり定期的にオーバーホールにコストかけたくなかったので、クォーツは個人的にはプラスにとらえていました。

③については、時計メーカーの時計だって装飾的なデザインで廃れるのはたくさんあります。例えば20年前のタグホイヤーなんて、聖闘士星矢のクロスみたいなデザインだったし、コルムの国旗デザインなんてダサダサでした。だからドレスウォッチでなにが悪い!っていうかカルチェにしてもエルメスにしてもティファニーにしても、近年のゴツゴツデカデカの時計メーカーの時計に比較して、メンズのデザインが小ぶりで好きでしたので。

 

こんなふうに、自分では気に入りながらも、頭の中でいろいろ購入したことを納得する理由を考えながら今日も手にエルメスをつけながら工場で働いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界最高の書き味、利便性のボールペンはジェットストリーム

シャープペンとボールペン

ボールペンは大人の筆記具だと思います。

学生時代はずっとシャープペンを使っていたのに、社会人になっていきなりボールペンに切り替わります。

せめて、検定試験の時はシャーペンは使えるかなと思いきや、TOEICマークシートなので鉛筆の方が楽だし。それまで使っていたシャーペンはどこえやら。

 

多くの人が子供の頃に、文房具、特にシャーペンにハマった経験があるのではないでしょうか。僕も芯の太さから濃さ、グリップの太さ、製図用など色々こだわって何十本も持っていました。日本は世界一の文房具大国なので、とにかく種類も豊富だし、どんどん機能面も進化していくんですね。本屋さんで漫画を買ったついでについつい文房具を見て買ってしまったり。

 

ところが、社会人になって忙しくなると途端に文房具に対する興味は極端に薄れ、会社の支給品の100円ボールペンを使う人が大多数になります。

ボールペンもシャーペン同様に種類は豊富ですが、デザイン性はシャープペンと比較すると全然少ない。100円から200円の範囲の種類が多いのは、遊び心がなく書き易さのカギであるインクにこだわりがあるものばかりだからでしょう。100円のボールペンを使うのは、なんとなく子供の頃「つまらない大人」の代名詞のように思っていました。

 

高級ボールペンはヨーロッパばかり

デザイン面でボールペンに力をいれているのは海外勢です。

モンブランウォーターマン、パーカー、クロスと、もう何十年も前からここら辺のヨーロッパ、アメリカブランドが高級筆記具に君臨しています。そこに日本の高級ブランドは存在していません。

なんだか、ボールペン事情はまさに世界の車メーカーの事情に似ています。実用的なのは日本メーカー、贅沢感を楽しむのはヨーロッパブランド。実際、ペンの雰囲気も各国のお国柄と似ていて、モンブラン(ドイツ)=質実剛健ウォーターマン(フランス)=エレガント、モンテグラッパ(イタリア)=セクシー、クロス(アメリカ)=クラシックモダン、みたいな感じです。

 

日本一、いや世界一は三菱のジェットストリーム

日本には高級筆記具メーカーはないけれども、ようやく少しずつ日本のボールペンメーカーが「書き易さ」「実用性」だけでなく、「デザイン」「高級感」に力をいれたボールペン発表するようになりました。

そう、まさに車で例えるなら「レクサス」のポジションです。

 

 前置きは長くなりましたが、その中で一押しなのが三菱鉛筆ジェットストリームプライム 3&1

f:id:henrywotton:20190401152120j:image

まず第一に、三菱自慢のインクで、書き味が超なめらかです。あまりになめらかなので、アマゾンのレビューなどをみると、他メーカーのボールペンを使っている人もこのインクに入れ替えて使っている人がとても多いようです。

次に3色+1シャーペンという多機能性。

黒、赤、青、にシャーペンって多機能にかかわらず、とても細い。ほとんど普通のボールペンと同じ太さです。

社会人になるとシャーペンと同時に筆箱を持たなくなる人も多くなると思います。スーツのポケットや手帳に挟んだりするだけ。そうすると、複数のペンを持つのが面倒なことが多々あります。このペンは一本で4種類の役割を持っているので、そういう意味でも重宝します。

最後のこのペンは金属性でできているため、非常に丈夫で質感が上品です。高級といってもクラシックな高級さではなく、建築でいえばモダニズム的な高級感があります。

ちなみに色は、シルバー、ブラック、ピンクの三種類、価格は5000円です。

このペンを使い始めて3年が立ちますが、愛着が増す一方です。

みなさんにもぜひ使ってほしいなーと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「共働きサラリーマン家計簿」に学ぶ国際結婚した夫婦の場合

ブログを始めて、12か月目。

早一年です。

只々ぼやいてばかりで、他のブロガーさんのブログ読んでなかったんですが、

自分のブログのアクセス増やそうと、勉強もかねて最近たまにみるようにしたのですが、、、、

 

おったまげるほど面白いブログってありますね。

最近夢中になって読みいってしまったのが、「共働きサラリーマンの家計簿」

www.shunpon.com

 

おもしろすぎです。

普通結婚すると女性が倹約家になって、男性が財布握られるってことが多いんですが、

ここの家庭は妻がリッチなのか給与が高いからか、女性が「欲しいものを買う」、夫が「損得を考えて買う」みたいな感じです。

このブログはそんな金銭感覚の異なる「損得感情の夫が書いているブログで、それでも決して妻を批判するのではなく、考え方の違いを非常に分析されていて、どちらのいい点、悪い点、そこからの新たな価値観の発見みたいな感じでまとめられています。

マックでダブルチーズバーガー頼むよりチーズバーガー二個頼んだ方が経済的など節約的な考えは「なるほど」と思うことがたくさんあります。

 考えてみると、結婚を考える時、性格だとか容姿だとか、趣味だとか経済力っていうけど、金銭感覚の違いって意外と漏れている気がするんですね。

例えば、日々の食事はヒモじくても旅行の時は高いのを食べるとか、時計は高級時計をつけるとか。部屋の電気は使う部分以外はつけないとか。

自分は、国際結婚をしているのですが(今更ながらサラっと言ってすみません)そこらへん全然違いました。

 

一番驚いたのが、旅行に対する思い。

とにかく旅行、旅行。そのために早めの予約。クーポン等すべて用意しなければいけません。結果楽しいからいいのですが、出会って10年の今も「ここまでするか」って思うこと多々です。

 

あと、国際結婚だと親戚がきたり、逆に実家に戻るのも、当たり前ですが海外なのでお金がかかる。自分が行くよりもこっちにくることが多いんですが、かなり観光気分でこられるので、出費が重なる一方。楽しいのは楽しいんですが。

そのため、なんかこのブログタイトルみたいに(お金ないのに)バブル時代の内容みたいになってしまっていました。

実際「東京いい店、やれる店」なんてバブル時代のグルメ本をバイブルに書いていたので。

ここにきて反省です。

2年目は、少し節約を勉強したいと思います。